薄毛や脱毛の原因〜たばこ

薄毛や脱毛の原因として、タバコもあります。

タバコに含まれるタールやニコチンは健康に影響があることは知られていますが、実は育毛にも影響があるんです。
タバコで薄毛を招く理由は、ニコチンが血管を収縮させることに関係します。喫煙によってニコチンが血中に取り込まれると、末梢神経が収縮し、毛細血管の血流が悪くなります。そのため毛乳頭細胞のはたらきが低下して、発毛スピードが遅くなってしまう可能性があります。
ニコチンは、悪玉コレステロールや中性脂肪を増加させ、動脈硬化などを引き起こすともいわれています。タバコの煙に含まれる一酸化炭素は、循環器の機能を低下させ、血液中のヘモグロビンと強力に結びつきます。そして血中に一酸化炭素が取り込まれることで酸素や栄養素の運搬能力が著しく低下して、頭皮や髪の毛に栄養が不足する原因に繋がってしまいます。
そして、男性ホルモンのジヒドロテストステロンは、喫煙により増えることが発見されています。喫煙者は非喫煙者にくらべ、ジヒドロテストステロンの量が多くなる傾向にあります。喫煙と男性ホルモンの分泌の関係からも、最終的に男性ホルモンを生成し、薄毛、抜け毛へとつながる結果をまねくことになります。

 

おすすめ男性用育毛剤ランキング