薄毛や脱毛の原因〜ヘアケア

薄毛や脱毛の原因の一つはヘアケアです。間違ったヘアケアは薄毛、抜け毛を招く結果となります。

一つめは、頭皮の洗いすぎです。頭皮が脂っぽい、ベタベタすると感じで、ついシャンプーしすぎて、ゴシゴシと強く洗ってしまっていませんか?それは大間違いです。頭皮の皮脂や汚れを洗い落すのは必要ですが、頭皮の皮脂はある程度は残すほうが良いのです。頭皮の皮脂は頭皮を乾燥から守り、外部のダメージからのバリアの役割があります。過剰に洗いすぎずにおきましょう。

 

二つ目に、シャンプー後の髪の乾燥やドライヤーの使用についてです。基本的に、ドライヤーの熱は髪にダメージを与えます。できるだけ、ドライヤーに頼らず置くのが良いです。シャンプー後は、タオルドライで十分に水分を拭き取りましょう。やさしく頭皮をマッサージしながら、ゆっくりと水分をぬぐい、体用のタオルとは別の清潔なものを使いましょう。柔らかな素材で吸水性の良いものがオススメです。柔軟剤などで洗濯すると良いですね。ドライヤーの乾燥は、完全に水分がなくなるかで乾かし続ける必要はありません。少し湿っているぐらいがちょうど良いです。

 

三つめが、髪や頭皮に合わないヘアケア用品の使用です。たとえば髪が脂っぽいのでといって、刺激の強い男性用のシャンプーは厳禁です。男性用の刺激の多いシャンプーは逆に頭皮に刺激を与えて、頭皮の皮脂の生成を活発化させてしまいます。そして頭皮にダメージを与えることもあります。

 

おすすめ男性用育毛剤ランキング