薄毛や脱毛の原因〜男性ホルモン

薄毛や脱毛の原因の一つは男性ホルモンです。
男性ホルモンの影響で、発毛が抑制されてしまいます。男性の薄毛のほとんどは壮年性脱毛症です。この原因は男性ホルモンと遺伝が関係しています。

 

男性ホルモンは、代表的なものとしてテストステロン、ジヒドロテストステロン、デヒドロエピアンドロステロン、アンドロステロン、アンドロステンジオンなどがあります。それぞれに違ったはたらきがあります。例えばテストステロンは、男性らしい体つきを作るホルモンで筋肉増大、タンパク質同化作用があります。男性らしい体の成長や、性欲の増進を担うテストステロンは、特に中年以降になると少しずつ減少し始めます。そして代わりに、ジヒドロテストステロンが増えてきます。このジヒドロテストステロンに脱毛を促す働きがあるので、ジヒドロテストステロンが多い男性は抜け毛が早いと言われています。
つまりこのジヒドロテストステロンを抑えるのが、薄毛や抜け毛を抑えるのに効果があるということになります。
ジヒドロテストステロンを抑制するのによいのは、亜鉛が効果的です。亜鉛は、テストステロンを増加させ、ジヒドロテストステロンを減少させる効果があります。そしてフィナステリドなどの有効成分は、テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させる酵素である5αリダクターゼを抑制する効果があります。育毛剤選びの時にこれらが含まれたものを選ぶのが良いですね。

 

おすすめ男性用育毛剤ランキング